首都圏不動産調査

首都圏不動産調査の種類

  • 首都圏所在の投資用不動産の調査
  • 首都圏所在の担保設定不動産の調査、時価評価、活用提案、各種支援

適用場面

首都圏以外に在住の個人・法人ならびに地域金融機関の皆様向けに、遠隔地である首都圏所在の不動産の調査・評価および各種サポートを目的に合わせてご提供します。

(例1)不動産投資・運用、新規融資
退職金の運用や相続対策を目的とした個人の不動産運用や法人の不動産投資は、比較的地価が安定している首都圏に向かう傾向がある。しかしながら、交通費や時間等を鑑みると特にワンルームマンションなどの小型案件では、費用対効果から現地も見ずに購入される例も少なくない。

⇒投資家様へ
物件の管理状況や周辺環境、需給・競合状態等の調査を行い、ワンルームマンション販売会社の企画書通りの運用が可能な物件か調査・報告します。

⇒金融機関様へ
小型案件に限らず、遠隔地で実地調査ができないことなどから担保評価の難しかった新規融資案件の獲得に貢献します。

(例2)コンサルテーション、リスク管理
地域金融機関にとって、顧客企業へのコンサルテーション・経営支援はたいへん重要な業務であり、また不動産は企業財務基盤の中心的存在である。しかしながら、遠隔地であるがゆえに顧客企業の保有する首都圏所在の不動産に対する有効活用の提案や、担保物件としての管理が難しいというのが現状。なお、そのために首都圏支店に専門スタッフを置くことは困難。

⇒調査報告書・評価書の提供はもとより、これら成果物の提供に限らず、調査同行その他あらゆる面から不動産の専門家としてサポートいたします。何なりとご相談ください。
もちろん、首都圏の金融機関様への同様のサービス提供もいたします。