証券化不動産の鑑定評価

証券化不動産の鑑定評価が必要となる代表的なケースがJ-REITにおける鑑定評価です。J-REITの不動産投資法人がポートフォリオ構成のために新規に不動産を取得する場面では、不特定多数の投資家保護を目的として法律により不動産鑑定士による不動産鑑定評価が求められています。

「証券化不動産の鑑定評価」が必要となるのは、法で定めた下記のような場合です。

適用場面

  • 特定目的会社による不動産取得(資産流動化法)
  • 開発型証券化