ホテル・スキー場・ゴルフ場等の鑑定評価

不動産鑑定評価では、様々な類型に応じて鑑定評価の方式の適用に違いがあります。一般的には取り扱う対象不動産は住居系不動産(戸建・区分所有建物)、商業系不動産(事務所・店舗)が圧倒的に多数を占めますが、稀にホテル・旅館・スキー場・ゴルフ場といったリゾート系不動産の鑑定評価もあります。

これらの鑑定評価に当たってはホテル・旅館といった宿泊産業やスキー場・ゴルフ場といった各レジャー業界に対する知識と各業界の事情に精通した知識が求められます。
弊社では、特にホテル・旅館・スキー場・ゴルフ場といったリゾート系不動産について豊富な実績と経験を有する不動産鑑定士を抱えており、これらのリゾート系不動産についても対応が可能です。