メンバー紹介

島田 喜久男(不動産鑑定士)

全日空商事(株)を経て、海外ホテル開発プロジェクトに参画。
不動産鑑定事務所勤務後、外資系投資会社ハドソンジャパンLLCにて不良債権投資デューデリジェンス業務に従事。
港共同鑑定(株)設立後は、共同代表の青木秀生と共に一般鑑定の他、J-REIT、私募ファンド等の収益不動産をはじめ、底地ファンド、M&A、地代訴訟等の評価業務、ならびにホテル開発コンサルティング等を手掛ける。
1982年京都大学卒

青木 秀生(不動産鑑定士)

(財)日本不動産研究所を経て、外資系不動産サービス会社リチャードエリスにて不動産仲介ならびに不動産鑑定評価業務に従事。
ゴールドマン・サックス・リアリティ・ジャパンにて投資不動産取得業務を経験後、J-REIT運用会社カナル投信にて取締役運用部長に着任し投資業務を指揮。
港共同鑑定(株)を設立し共同代表。
現在、バンコクでタイ国進出企業支援業務を推進中。
1989年早稲田大学卒

小林 裕幸(不動産鑑定士、不動産証券化協会認定マスター)

電機メーカーを経てオリックス(株)入社。不動産担保融資、住宅開発、ゴルフ場開発、PFI事業等のマネジメントを経験後、鑑定グループ課長として担保不動産評価業務を指揮。
後に不動産デューデリジェンス(DD)の草分けである(株)クリードに移りDD部長、J-REIT運用子会社取締役、私募ファンド物件取得価格査定責任者、不動産鑑定子会社代表取締役。
2009年港共同鑑定(株)に合流。
1984年立命館大学卒